欅坂46&けやき坂46(ひらがなけやき) ちょっと気になる裏まとめブログ

欅坂46&けやき坂46(ひらがなけやき)のちょっと気になる系のまとめブログです。

    カテゴリ: 坂道シリーズ

    1: 名無しって、書けない?(地震なし) (3級) 2018/09/23(日) 01:09:15.48
    西野今泉米谷。おそらくどちらからもまだ続く
    坂道は必ず新人入れると、増えた分タイミング良く卒業希望を”出す”システム
    これかの有名なハロマゲドンレベルで坂道に打撃与えるんじゃね?

    【【坂道合同オーディション】最近の坂道卒業ラッシュの原因は何なのか!?】の続きを読む

    1: ( ´∀`) ★ 2018/08/08(水) 16:41:04.36 ID:CAP_USER9
    山本彩さん×卒業×大人のビジネス×気がつく×終わる

    NMBの山本彩さんが脱退を発表してニュースになりました。
    以前から私が思っていることなのですが、どうして「卒業」なんて言葉を秋元さんは使うのか?
    それは、「学校」をイメージさせて、まだ判断力の薄いもしくは学生時代にモテなかったアイドルオタに学生時代を取り戻したかのような感覚、錯覚を作るためです。
    大人がビジネスのために登録商標までしているもの。その冠を外すのが「卒業」?
    謎。

    そして、AKBさんもですが、この大人が作った冠を外して(脱退して)目立ったソロ活動を成功(これは価値観ですが)させている人は私の見る限りいません。
    つまり、それまでの団体の時は、運営会社がスマホ課金アプリのようにSEO対策はもちろん、マーケティングをして売っていたから成功している「ように見せかけて」、
    話題のものに異常に弱い日本人がそれに乗っていただけということになります。

    つまりは秋元さんのグループは人間でないパッケージ商品と同じなんです。
    ワーっと集めて、有名になれますよ~とマーケティングを含めて仕掛け、親御さんもそれに乗ってしまう。
    そして、ワーっと「それなり」(だからいいんだけどね)を集めて、綺麗にラッピングして高価な商品のように見せる。

    すると日本人は見た目に弱く本質は見抜けない人が多いので、「なんかいいかも」ってなる。
    そこへ、集団心理が働き(もちろんこれも計算)売れているように見えるし、実際に半分そうなる。

    が、そのパッケージ(グループの冠)が外れるとどうでしょうか?
    結局はソロになっても「元」をつけないとやっていけない。

    それが悪いという意味ではなく、だったら最初からソロで勝負すればいいし、本当に才能があるならば集団パッケージ商品でなくても売れるものは売れるんです。
    なんだか秋元さんのグループを見ていると、クリスマスの時期に、うまい棒とかがサンタの靴に詰め込まれて売られている、
    冷静に値段をカウントすると「トントン」という商品に見えてしまうんですよね…。
    山本さんはきっと音楽理論を勉強してきた方だと思いますので活躍を期待しています!

    小川満鈴オフィシャルブログPowered by Ameba
    https://ameblo.jp/ogawamina/entry-12394591390.html

    ※小川 満鈴(おがわ みな、生年月日1993年3月3日、25歳)は、日本の元子役、元ジュニアアイドル、元グラビアアイドル。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%BA%E9%B4

    <参考情報>
    「それなり」とは - Weblio辞書
    https://www.weblio.jp/content/%E3%9D%E3%8C%E3%AA%E3%8A
    意味②:限界や欠点はあるが、それはそうとして。それ相応に。

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533689018/

    【【錯覚】秋元グループ(AKBG・乃木坂・欅坂等)は、「それなり」の子を集めて綺麗にラッピングし高価な商品のように見せてるだけ】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(地震なし) (2段) 2018/07/29(日) 03:52:01.02
    no title

    週刊文春デジタルが実施したアンケート企画「坂道グループ勝手に総選挙」。
    文春メルマガ読者から約2500の回答が寄せられ、1位~16位までのランキングが7月28日(土)放送の「直撃!週刊文春ライブ」で発表された。

    堂々1位に輝いたのは、7月13日(金)に速報した暫定ランキングでは2位だった欅坂46の平手友梨奈(17)。
    暫定1位の乃木坂46・白石麻衣(25)に400ポイント近くの大差を付ける大逆転勝利だった。体調不良からライブ欠席が続いていた平手だが、8月15日リリースのニューシングル「アンビバレント」ではセンターを務め、復活を果たす。

    「(平手は)48、46の歴代センター経験者の中でも、特に目を惹く存在感とオーラ。
    目の力、曲を表現しようとする意思の強さと10代特有の脆さと儚さ。ただただ、圧倒される存在」(32・男性)

    「(平手は)パフォーマンスではクールだけどラジオとか普通の時はキュートでギャップがすごくいい!
    単純に彼女のパフォーマンスに惹かれました。同級生とは思えないくらい自分をしっかり持っていて勇気をもらえます」(16・女性)


    惜しくも2位となった白石には、こんな声が。

    「坂道グループに詳しくない私でも名前を覚えたぐらい飛び抜けていると思います。
    週刊誌のグラビアで初めて写真集抜粋の写真を見たとき、坂道グループのメンバーとは思えない存在感でした。卒業後に大化けする。そう感じましたね」(55・男性)

     3位にはミュージカル「レ・ミゼラブル」などにも出演する一方、バラエティ番組でも独得の存在感を見せる乃木坂46・生田絵梨花(21)。

    「ミュージカルで活躍する、坂道Gの中のNo.1実力者。音楽に対する愛が感じられる。上品で優雅なお嬢様、実に『ザ乃木坂』です」(20・女性)


    1位は大逆転勝利! 「坂道グループ 勝手に総選挙」ランキング結果発表
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180728-00008334-bunshun-ent

    【【週刊文春】坂道総選挙…1位平手、2位白石、3位生田、4位西野、5位ねる【乃木坂・欅坂・けやき坂】】の続きを読む

    このページのトップヘ